ホーム > 果菜類 > ピーマン

ピーマン

ピーマン

ナス科

難易度初級
連作障害3年以上
植付時期4月下旬~6月上旬
収穫時期6月上旬~10月中旬

野菜作りのワンポイントアドバイス

暖かい気温で上手に育つので、気温が十分に上がる5月上旬ごろに植え付けましょう。
実の数も多く、長期間の収穫になるので、こまめに追肥をおこない肥料切れには注意しましょう。

土づくり

植え付けの1週間前まで

栽培スペースの目安は畝幅の60cm程度です。
苦土石灰は1平方メートルあたり100~150gを
目安に散布し、栽培スペース全体をよく耕してください。

 

植え付け当日

栽培期間が長いので溝施肥で栽培をおこないます。

栽培スペースの真ん中に
幅20~30cm、深さ15cm程度の溝を
クワを使用して掘ります。
土は溝の両脇においておきます。

その中に

  • 完熟牛ふん堆肥 3~5L/平方メートル
  • 化成肥料 100~200g/平方メートル
  • 熔リン 50g/平方メートル

※栽培スペースで前作で何か作っていた場合は
肥料や堆肥の量を加減してください。

軽く土と混ぜ、土を戻します。

溝を掘り、堆肥・肥料を散布した様子。

溝を掘り、堆肥・肥料を散布した様子。

畝立て

栽培スペースの外側から土をもり
高さ5~10cm程度の畝を作ります。

畝を立てた様子

畝を立てた様子

マルチ張り

畝をたてたら、黒マルチをはり、植穴をあけます。

ピーマンの育成をよくするために
黒色のマルチを張り地温を上げます。

黒マルチは地温を上昇させるだけでなく
雑草がはえてくるのを抑えたり、
雨で土が跳ね返りなどを防いだりと、
病害虫の被害を防ぐ効果もあります。

畝の上部を平らにならします。
畝の長さよりも30cm程度長い黒マルチを用意します。
畝の中心に置くように黒マルチを置いたら
短い辺の一方をクワを使って土をのせて固定します。

反対側の短い辺の方へ行き
マルチがピンと張った状態で土をのせ固定します。

長い辺の両脇もマルチが張った状態になるように
土をかけ固定します。

マルチを張り終わったら
畝の中央に60cm間隔で植穴をあけます。

※マルチの穴あけ器などを使用すると楽にできますが
もっていない場合は、×印型にカッターでマルチを切り
内側に入れ込むようにマルチを広げると簡単です。

植え付け

ピーマンの良い苗の見分け方

  • 一番花がついているor咲いている
  • 葉の色が濃い
  • 葉がピンと横に張っている
  • 双葉がついている
  • 病害虫の被害がない
  • 節感がつまっている
  • ポットの底から白い根が見えている

初心者の方は、少し高くても接ぎ木苗で
栽培することをオススメします。

黒マルチに穴をあけたところに
苗のポットがすっぽり入るように
植穴をあけます。

植穴にジョウロで水をたっぷりとそそぎます。
こうすることで根付きが良くなります。

植穴から水がひいたら苗を植え付けましょう。
もし、ポットの底で根が混みあっていたら
軽く手でほぐしてから植え付けましょう。

植え付けたら軽く土をかけ
手のひらでかるく押し付けます。

植穴から10cm程度離れたところに
長さ150cm程度の支柱を垂直にさします。

誘引

茎に麻ひもを回しかけ、2~3回ねじります。
ねじった後に支柱へと2回巻き付けきつく縛ります。

2~3回ねじることで茎側には余裕がでます。
茎は成長に伴い太くなるので茎側はゆったりと結び、
支柱側はずり落ちたりしないようにしっかりと結びます。

整枝

主枝とわき芽を2本育てて、「3本立て」で栽培します。

わき芽取り

株が成長していくと、主枝と葉の境目からわき芽が生えてきます。
これを放置するとすべての枝に実がなり
実の数が多すぎると実が美味しくなりません。

また、葉の数も増え、日照不足や風通しが悪くなり
病害虫の原因ともなります。

そこで実の数を制限するために
1番花より下のわき芽2つを残し
他はすべて取り除きます。

 

誘引

2本のわき芽を残し、わき芽かきが終わったら
支柱を2本追加して放射状に支柱を立てます。

2本残したわき芽の下でそれぞれが交差するように
2本の支柱を追加します。

3本の支柱それぞれに、主枝、わき芽が育った側枝2本を
誘引して成長させていきます。

枝が伸びたらこまめにはじめに誘引したようにして
支柱へと誘引させてあげます。

※枝から生えてくるわき芽は順次取り除きます。

 

追肥

植え付けの1ヶ月後から追肥作業を
2週間間隔で行います。

1回目の追肥

株が小さい最初の追肥は
まだ根が伸びていないので
植穴から化成肥料を1株あたり
3~5g追肥します。

2回目以降の追肥

2回目以降の追肥は
マルチの長い辺の両端を畝の肩まではがして
化成肥料を30g/平方メートルまきます。

肥料と土が混ざるように畝を作り直します。

追肥作業が終わったら、またマルチをもとに戻しておきます。

もし畝のわきの通路が踏み固められ固くなっているようであれば
軽く耕してあげると、土の中に新鮮な空気が混ざり
根のはりが良くなります。

収穫

1番果は早めに収穫する

1番果はまだ株が十分に成長していないときに成るので
株にとって大きな負担となります。

ですので1番果は小さいうちに収穫して
株へと養分がいくようにしてあげます。

 

収穫

 

品種ごとに収穫する大きさが異なるので
それぞれの品種に合わせた大きさで収穫しましょう。

 

へたの少し上をハサミで切り取り収穫します。

野菜の種類から探す

植付時期から探す