野菜栽培マニュアル

ダイコン

ダイコン

アブラナ科

夏野菜を早めに片づけて秋野菜の栽培準備を始めましょう。 ダイコンは「大根十耕」(だいこんじっこう)と言われるほど 土を深くまでよく耕し、石や土塊(つちくれ)を取り除きましょう。

コマツナ

コマツナ

アブラナ科

コマツナはほぼ1年中栽培でき、しかも種まきから収穫まで約1ヶ月と初心者には作りやすい野菜です。 ただ暑い時期は害虫が多いので必ず防虫ネットをかけて対策をおこないましょう。

キュウリ

キュウリ

ウリ科

最盛期には次から次へと実が大きくなるので、定期的な追肥が重要です。 つるや葉を放置すると風通しが悪くなったり、光合成がうまくいかなかったりと 病害虫の被害にあいやすくなります。

ミニトマト

ミニトマト

ナス科

ミニトマトは栽培期間が長く、根が深く張ります。 そういった野菜には溝施肥が向いています。 養分を分散させないためにも、 わき芽を摘んで1本仕立てにしましょう。

ピーマン

ピーマン

ナス科

暖かい気温で上手に育つので、気温が十分に上がる5月上旬ごろに植え付けましょう。 実の数も多く、長期間の収穫になるので、こまめに追肥をおこない肥料切れには注意しましょう。

ナス

ナス

ナス科

ナスは、主枝と側枝の3本立てで育てましょう。果実に傷が付きやすいのでしっかりと支柱に誘引してあげるのもポイントです。 また、一番果は小さいうちに収穫し、株へと栄養を与えましょう。